/

この記事は会員限定です

「ユニコーン」選別厳しく WeWorkの想定時価総額半減

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】投資家が未上場の急成長企業「ユニコーン」に厳しい目を向け始めた。シェアオフィス「WeWork」運営のウィーカンパニーは上場時の想定時価総額が、1月の資金調達時に比べて半減する見通しとなった。先行上場組のライドシェア大手ウーバーテクノロジーズやリフトの株価も上場来安値圏で推移する。景気拡大期の終わりが近いとの懸念が高まり、事業モデルの持続可能性が問われている。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1514文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン