/

大村彦次郎氏が死去 文芸評論家

大村 彦次郎氏(おおむら・ひこじろう=文芸評論家、編集者)8月30日、下咽頭がんのため死去、85歳。告別式は近親者で行った。喪主は長男、彦太氏。

講談社で雑誌「小説現代」「群像」の編集長などを長く務め、作家の野坂昭如氏らのデビューに関わり、退社後は文芸評論家として活躍した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン