内閣改造 待機組、入閣率は1割強 「狭き門」に70人

2019/9/6 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は11日実施の内閣改造にあたり、「新しい人材」にも言及してきた。当選回数を重ねても入閣経験のない「待機組」は約70人に上り、起用に期待を寄せる。第2次安倍政権が発足した2012年以降の人事を分析すると、閣僚ポストを射止める割合は1割強にすぎない。

自民党の細田、岸田、石原3派は5日までそれぞれ研修会を開いた。全7派閥が8月25日から9月8日まで集中して開催する。所属議員が期待を高める…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]