石井浩郎議員に便宜か 証券会社が証拠金立て替え

2019/9/5 20:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党の石井浩郎参院議員(55)が金融先物取引で損失を抱え証拠金が不足した際、証券会社側から一部を立て替える便宜を受けていた疑いがあることが5日、関係者への取材で分かった。証拠金の不足額は一時6千万円を超え、立て替え額も少なくとも数百万円に及ぶという。

証券取引等監視委員会は8月30日、立て替えたJPアセット証券(東京・中央)を金融商品取引法違反(特別の利益提供)の疑いで行政処分するよう金融庁に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]