県庁前でやぶさめ 神奈川県、ラグビーW杯に合わせ

2019/9/6 15:00 (2019/9/10 12:43更新)
保存
共有
印刷
その他

神奈川県は20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)に合わせ、疾走する馬上から矢で的を射る「やぶさめ」のイベントを県庁前の公道を封鎖して開く。横浜国際総合競技場(横浜市)で準決勝が開催される、10月27日に実施する。外国人観光客らが観戦以外に、県内を周遊するきっかけにしたい考えだ。

走る馬の上から的を狙う(イメージ)

中華街、横浜スタジアムからも近い日本大通りで、午前10時と午後2時の2回、各90分程度開く。

W杯では横浜国際総合競技場を会場に、10月26、27日に準決勝、11月2日には決勝がそれぞれ開かれる。県は準決勝から決勝にかけてやぶさめのほか、日本大通りや県庁舎で日本舞踊の体験会やデジタル化した浮世絵の展示もする。日本大通りはパブリックビューイングを開催する臨港パークにも近く、試合のチケットを持たない人の来場も期待する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]