流麗な線描と輝く色彩(展覧会評)
ギュスターヴ・モロー展

関西タイムライン
2019/9/6 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

19世紀後半、戸外を明るく描く印象派の画家たちが活躍し始める時期に、もっぱら神話や伝説に題材をとり、神秘と夢の世界の女性たちを描き続けた画家、ギュスターヴ・モロー。パリに生まれ、フランスの象徴派を代表する存在となったモローは、ドラクロワのロマン主義的な色彩に強い影響を受けるとともに、イタリアの画家たちを繰り返し模写し学び、当時写実主義にとってかわられつつあった歴史画に新たな表現と生命を与えた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]