/

この記事は会員限定です

流麗な線描と輝く色彩(展覧会評)

ギュスターヴ・モロー展

[有料会員限定]

19世紀後半、戸外を明るく描く印象派の画家たちが活躍し始める時期に、もっぱら神話や伝説に題材をとり、神秘と夢の世界の女性たちを描き続けた画家、ギュスターヴ・モロー。パリに生まれ、フランスの象徴派を代表する存在となったモローは、ドラクロワのロマン主義的な色彩に強い影響を受けるとともに、イタリアの画家たちを繰り返し模写し学び、当時写実主義にとってかわられつつあった歴史画に新たな表現と生命を与えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン