/

この記事は会員限定です

長崎・対馬、消えた韓国人客 関係悪化が直撃

[有料会員限定]

長崎・対馬の観光地が閑散としている。韓国・釜山から約50キロと近く、今春まで韓国人観光客でにぎわっていた飲食店や観光名所から人が消えた。2018年には40万人超の韓国人が訪れたが、19年は大幅に減少する見通しで地元観光産業は大きな打撃を受けている。韓国に依存した集客策から、国内客や東南アジア客の取り込みへ転換を急いでいる。

9月1日、ハングル表記の看板が多く掲げられた長崎県対馬市の中心街、厳原町。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン