エスティマ、キューブ…消える定番車種 CASE注力

日経産業新聞
2019/9/8 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車や日産自動車が認知度が高い「名車」ブランドを廃止することが相次ぎ明らかになった。トヨタはセダン「マークX」に続きミニバン「エスティマ」の生産終了を明らかにした。日産も「キューブ」の生産を年内で終了する。自動車産業は100年に1度の大変革期を迎えている。各社は古い定番ブランドに頼らない姿勢を打ち出そうとしている。

■「廃止は残念だが影響は軽微」

「一部に根強く支持する顧客がいるだけに(廃…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]