/

リニア問題、膠着状態なお 川勝・大村会談は平行線に

リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事を巡り、静岡県とJR東海との対立が長引いている。河川流量減少などの問題が解決されていないとして着工を認めない静岡県の川勝平太知事と、リニア早期開業を求める愛知県の大村秀章知事は5日に愛知県公館で会談したが、議論は平行線に終わった。改めて溝が浮き彫りとなり、今後も膠着状態は続きそうだ。

静岡県の川勝平太知事(左)は愛知県の大村秀章知事(右)を訪問し、リニア中央新幹線の建設工事について意見交換した(名古屋市)

川勝知事は5日、大村知事を訪問し水問題について静岡側の主張を説明。リニア新幹線の東京―名古屋間の2027年開業目標についても「現実的ではない」と指摘した。予定どおりの開業を求める大村知事は「お互いの意見がかちっとかみ合うことはなかった」と述べ、従来の主張を繰り返すのみで大きな前進はみられなかった。

会談は非公開で、終了後に川勝知事は「水がめの水を取られてしまう」と改めて懸念を示した。大村知事は「科学的論拠に基づいて協議し一歩でも前に進めてほしい」とし、JR東海と静岡県の歩み寄りに期待を寄せた。

今後の協議について「鉄道事業者が水問題全部をやるのはなかなか難しい、国が責任もってやっていく話だ」とする大村知事の主張に対し、川勝知事は「もしもの時は補償の問題も考えないといけない。国の関与については意見が一致した」とし、国の関与の強化を求めていく点では足並みがそろったという。

対立の根幹にあるのは、静岡工区で実施予定の南アルプストンネル工事の影響で大井川水域の「水枯れ」が懸念されていることだ。本坑工事の前に地質や湧水の状況を把握するため先進坑を掘るが、この工事も含めてJR東海は当初、静岡側へ流れる湧水が最大毎秒2トン減ると試算し「必要に応じて戻す」としていた。

だが18年10月、静岡県側の反発を受けて「原則として全量戻す」と提案した。以後、具体策などを巡り両者の話し合いが続く。

JR東海は8月、静岡県の専門委員や大井川流域の利水者らとの協議中、工事の一部期間で全量を戻せないと明言した。これを県側が批判し会議が紛糾し、今後の協議に影を落とす要因となった。

JR東海は静岡側にある断層部分のトンネル工事は、安全上の理由から山梨側から上方へ掘り進めて県境を越える方針だ。トンネルは山梨側へ下っているため、本来静岡側に流れる湧水が山梨側に流れてしまう。

湧水を戻すために早期に先進坑をつなぎ、先進坑を使って湧水をポンプで静岡側に流す方針だ。ただ工事中に戻せない期間があるとの立場で、これに静岡側が反発した。利水者らから「全量を戻す努力をしてほしい」「他にも方法があるのでは」との意見が飛んだ。

もっとも「問題点がはっきりしてきた」(静岡県中央新幹線対策本部長を務める難波喬司副知事)と指摘する声もある。静岡県もJR東海も、水問題を除く部分では議論が進んでいるとの認識で一致する。工事で出る土の置き場所の土壌管理や、工事中の湧水量などの情報開示のあり方、河川流量の水質変化のモニタリング方法、中下流域での地下水減少の懸念などでも詳細な意見交換が続く。

8月から静岡県とJR東海の協議の場に加わる国土交通省の森宣夫環境対策室長は「科学的な協議がなされており、引き続き見守りたい」と述べるにとどめ、現時点で有効な妥協案は浮上していない。

静岡県は6月、これまでの協議を踏まえて大井川の環境対策の具体化などを盛り込んだ中間意見書を提出している。これに対し、JR東海は9月中に正式な回答書を提出する見込み。難波副知事は「全量戻しが注目されがちだが、それだけが解決されればいいというわけではない。まだまだ議論は長引くだろう」と話している。

(安芸悟、小野沢健一)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン