野村メディカル、医療用縫合向け「持針器」開発

2019/9/5 18:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療機器製造・販売の野村メディカルデバイス(長野県塩尻市)は自社ブランド製品の事業化に乗り出した。顕微鏡下の手術で縫合用に使う新構造の「持針器」を開発した。同社初の医療機器として販売するほか、内視鏡の訓練装置も製品化した。同社はこれまで受託開発を手掛けてきたが、商品企画力を高めた自社製品で収益向上をめざす。

開発した持針器はグリップを握り、指を動かすだけで操作できる新タイプの製品だ。微細な針を静…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]