トヨタ、「準総合職」導入へ 総合職に近い処遇の一般職

2019/9/5 18:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車が一定の経験を積み、意欲のある一般職に総合職と同様の昇進の道を開く上位資格の導入を検討していることが5日、分かった。自動運転など「CASE」対応で事業構造の変革を急いでおり、対応できる人事制度の見直しを労使で協議している。職種の垣根を低くし、社員が入社時の職種に縛られずに幅広く活躍できる環境を整える狙いがある。

トヨタでは一般職にあたる職種を「業務職」としており約4400人を擁する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]