広島銀、環境省のESG促進事業に採択

2019/9/5 18:18
保存
共有
印刷
その他

広島銀行は5日、環境省が公募した「地域におけるESG金融促進事業」に中四国地方の金融機関として初めて採択されたと発表した。同事業は環境・社会・企業統治という財務情報以外の価値を考慮して融資をする「ESG金融」の浸透を図るためのもの。広島銀は独自のコンサルティングを通じて、地場企業のESG経営の促進を支援する。

まずは自動車関連のサプライヤーを対象にESGへの取り組み状況を聞き取り、各社の今後の戦略立案をサポートする計画だ。省エネにつながる設備投資など、新たな資金需要の開拓にもつなげる。来年度以降をめどに他の製造業へもコンサルの裾野を広げる方針だ。

広島銀のほかには鹿児島銀行や滋賀銀行など合計5行が選ばれ、環境省の補助金が充てられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]