支援継続求め年内に国への提言、JR路線存続へ北海道知事

2019/9/5 17:47
保存
共有
印刷
その他

北海道の鈴木直道知事は5日、旭川市内で開かれた「JR北海道鉄道事業見直し問題に係る広域調整会議」で、鉄路存続への支援継続を求める国への提言を年内にまとめる考えを明らかにした。国は2019~20年度に計400億円の支援を決めているが、21年度以降は未定のままだ。

鈴木知事は旭川市、名寄市、富良野市、北見市、稚内市の市長らと意見交換。提言について「JR北の自助努力はもちろんだが、国の支援継続は不可欠…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]