オリパラ考

フォローする

アスリートから生まれるイノベーション
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/9/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1956年創業の京都の西陣織の繊維メーカー、ミツフジ(三寺歩社長)は、生体情報を収集できるインナーウエアなどを手掛けて注目を集める。90年代から抗菌作用のある銀メッキ繊維を扱ってきたが、その導電性に着目した3代目の三寺社長がネットとつながる衣類型のウエアラブル端末の開発に乗り出した。

銀メッキ繊維のセンサーを胸の部分に着けたシャツなどを着ていれば、心電図などのデータを24時間収集し、スマートフォ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする

 東京五輪のマラソンと競歩が札幌で開催されることが正式に決まった。レース当日に札幌が確実に東京より涼しくなるとは限らないが、選手や観客、ボランティアの健康を考慮すれば条件は良くなった。だが、安全につい …続き (11/8)

 東京五輪のマラソンと競歩の開催地変更をめぐって、また「アスリートファースト(選手第一)」という言葉を頻繁に耳にするようになった。政治家やコメンテーターが軽々しく口にするたびに、信用できない人たちだと …続き (11/1)

東京五輪代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」は東京大会で走る予定のコースとほぼ同じルートで開催された共同


 国際オリンピック委員会(IOC)主導で東京五輪のマラソンと競歩の開催地は札幌に変更となる雲行きだ。はしごを外された格好の東京都の小池百合子知事は猛反発。開幕を9カ月後に控え、IOCと開催都市に不穏な …続き (10/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]