/

この記事は会員限定です

技術の革新生む「ロボ人財」 長谷川康一氏

ユーアイパス最高経営責任者(CEO)

[有料会員限定]

日本では今後、労働人口のミスマッチによって事務職が過剰になり、専門職が不足していくと予想される。デジタルトランスフォーメーションによる日本の成長戦略を描くには、新しい労働スタイルの確立が急務である。

オフィスなどの現場業務に精通した事務職が、定型業務を自動化する「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」やAI(人工知能)を使いこなす人材となり、単純業務の自動化を進める。解放された時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません