2019年9月16日(月)

プレーバック

フォローする

柔道・斉藤、孤塁守る連覇 1988年ソウル五輪

Tokyo2020
2019/9/5 18:00
保存
共有
印刷
その他

1988年のソウル五輪で、日本柔道はかつてない危機を迎えていた。95キロ級まで6階級を終えて金メダルなし。64年東京五輪で柔道が競技入りしてから初となる屈辱を救ったのが95キロ超級に登場した斉藤仁だった。

柔道男子95キロ超級で金メダルを獲得し表彰台で声援にこたえる斉藤仁=共同

柔道男子95キロ超級で金メダルを獲得し表彰台で声援にこたえる斉藤仁=共同

山下泰裕が引退し最重量級の顔にはなっていたが、右膝を痛めた影響もありピークは過ぎたといわれていた。準決勝の相手は3年前の世界選手権で反則すれすれの強引な関節技で左肘を脱臼させられた地元の趙容徹。この1戦を判定でもぎ取ると、決勝のストール(東ドイツ)戦も警告勝ちでものにした。満身創痍(そうい)の体で豪快な柔道をかなぐり捨ててでも孤塁を守り「日本に帰れます」と男泣きした。

引退後は五輪金メダリストの鈴木桂治らを育て、代表監督も務めたが15年、54歳で死去。次男の立(たつる)は今年の全日本選手権に17歳で出場し、3回戦まで進んだ。両手を大きく広げて向かっていく父そっくりの姿が故人をしのばせ、将来の最重量級のエースとして期待を集めている。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
アテネ五輪の女子マラソンで優勝した野口みずき

 2004年アテネ五輪の女子マラソン。マラトン市からパナシナイコ競技場という、1896年の第1回大会とほぼ同じ伝統あるコースを身長150センチの野口みずきが跳ねるように駆け抜けた。2時間26分20秒で …続き (9/12)

柔道男子95キロ超級で金メダルを獲得し表彰台で声援にこたえる斉藤仁=共同共同

 1988年のソウル五輪で、日本柔道はかつてない危機を迎えていた。95キロ級まで6階級を終えて金メダルなし。64年東京五輪で柔道が競技入りしてから初となる屈辱を救ったのが95キロ超級に登場した斉藤仁だ …続き (9/5)

モントリオール五輪で段違い平行棒の演技をするコマネチ=UPI共同UPI共同

 段違い平行棒をくるくる回り、平均台の上を跳びはねても手足のさばき、着地に寸分の狂いもない。電光掲示板に表示された、14歳のナディア・コマネチ(ルーマニア)の得点は「1.00」。運営側も満点を想定して …続き (8/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。