パシフィコ横浜、食品廃棄物で発電 環境負荷を軽減

2019/9/5 16:29
保存
共有
印刷
その他

国際会議場「パシフィコ横浜」を運営する横浜国際平和会議場(横浜市)は5日、食品廃棄物から発電した電力を同社が管理する臨港パークに供給する取り組みを8月に始めたと発表した。こうした取り組みは国内初だという。食品廃棄物の収集・運搬にも電気自動車(EV)を使用し、環境負荷の軽減につなげる。

JFEエンジニアリング子会社のアーバンエナジー(同市)が手掛ける電力買い取りサービスを利用する。まず施設内の…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]