キユーピー、ヒアルロン酸配合の美容ジェル 卵の技術生かす

2019/9/5 15:48
保存
共有
印刷
その他

キユーピーは5日、スキンケアブランドから6種類のヒアルロン酸を配合した美容ジェルを10月1日に発売すると発表した。保湿や浸透性に優れ、肌の乾燥やたるみなどに悩む40歳以上の女性の購入を見込む。これまでは主に化粧品や食品向けの原料としてヒアルロン酸を供給してきたが、今後は消費者向けの自社ブランド化粧品の品ぞろえを拡充させる。

ヒアルロン酸を配合した美容ジェルを発売する(5日、東京都渋谷区)

「卵の機能性に着目し、ヒアルロン酸を長年研究してきた集大成といえる商品だ」。同日、都内で開いた新製品発表会でファインケミカル本部営業部の吉田一也部長はこう話した。

化粧品ブランド「キユートピア」から美容ジェル「ヒアロワン」を発売する。容量は50グラム(約1カ月分)。価格は税別7200円。自社の通販サイトを中心に販売する。

分子量や働きの異なる機能性ヒアルロン酸を配合した。卵から抽出した卵黄成分や卵殻膜も配合しており、キユーピーが培ってきた卵に関する技術を応用した。

同社のファインケミカル事業は約100億円。売上高に占める割合は2%程度だが、利益率が高く、新たな収益源として期待している。

1980年代からヒアルロン酸を研究し、食品や化粧品、医薬品の原料として供給している。2014年に初めてスキンケアのブランドを立ち上げ、5年ぶりの新商品となる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]