/

この記事は会員限定です

商工中金、工務店に災害時の融資枠 仮設住宅迅速に

[有料会員限定]

商工組合中央金庫は地域の中小工務店に対して、災害時に緊急で資金を届けるための5億円の融資枠を設ける。申請の翌日に工務店へ資金を送れる体制にする。災害発生後に工務店が資材や人員を確保するための資金を得やすくして、仮設住宅の迅速な整備につなげる。

約3千社の工務店で構成する全国木造建設事業協会と連携する。同協会は35の都道府県と協定を結んでおり、災害時に仮設住宅建設の要請に対応できる工務店をあっせんし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン