NEC 画像認識でスポーツ選手のけが予防

2019/9/5 15:20
保存
共有
印刷
その他

NECは画像認識技術を用いてスポーツ選手の筋力や関節の可動域を測るシステムを開発した。アスレチックトレーナーの負担を減らし、選手のコンディション管理やけが予防を効率化する。ラグビートップリーグのリコーブラックラムズと組んでの実証実験を8月に始めた。12月までの実証を経て、2019年度内の実用化を目指す。

NECの「フィジカルチェックシステム」の測定イメージ

開発したのは「フィジカルチェックシステム」。米マイクロソフトの動作センサー「キネクト」などを用いて選手の筋力や柔軟性を短時間で測る。データを基にアスレチックトレーナーなどがけがのリスクを分析するのに役立ててもらう。

リコーブラックラムズでの実証は選手51人が対象。肩関節、体幹、足関節など9項目の筋力や関節の可動域を1人あたり約3分で計測する。結果をスマートフォンなどに表示する。監督やトレーナーはデータを見て選手のコンディションを把握し、改善すべき箇所のトレーニングの提案などにつなげられる。

システムは19年度内の実用化を目指す。スポーツチームやスポーツジムなどの需要を見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]