深海にスタートアップが挑む 海底地図から観光まで

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/9/6 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙より行くのが難しいといわれる場所がある。深海だ。地球表面の約7割を占める海。その深海は音波でしか探査できず、未知の領域が多い。スタートアップ企業などが「海の地形図」作りに取り組んでおり、従来の希少金属(レアメタル)探査だけでなく創薬や観光にまで深海ビジネスが広がる可能性がある。

8月25日、東京都内の会議室の一室に海洋開発に関わる技術者や研究者約40人が集まった。スタートアップ支援のリバネス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]