/

ふうどばんく東北、あいコープみやぎと食糧連携

NPO法人ふうどばんく東北AGAIN(宮城県富谷市)は、生活協同組合のあいコープみやぎ(仙台市)と食糧連携の覚書を結んだ。9月から余剰食糧の提供を毎月受ける。1カ月半以上の賞味期限が残った食糧を毎月寄贈してもらう連携は初めて。

あいコープみやぎから毎月提供される食糧は東日本大震災の在宅被災者の支援を続けるNPO法人「チーム王冠」(石巻市)などに寄付する。

9月はローストチキンや桃の飲料など約400個の提供を受ける。ふうどばんく東北は、宮城県内を中心に自治体や高齢者の介護相談に応じる地域包括支援センターなど約250団体に食糧を提供している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン