日米協会の特別賞 裏千家前家元に

2019/9/5 14:06
保存
共有
印刷
その他

一般社団法人日米協会(会長・藤崎一郎元駐米大使)は5日、日米の草の根交流に貢献した人に贈る金子堅太郎賞の特別賞の受賞者に裏千家の前家元、千玄室氏(96)を選んだと発表した。格式張っているとみられがちな茶道文化の中の親しみやすさを強調し、米国での茶道の普及に努めたことを評価した。11月22日に国際文化会館(東京・港)で授賞式を開く。

3回目となる今年の金子堅太郎賞には、カントリー歌手のチャーリー永谷さん(83)と米オハイオ州の教員、ヘレン・リンズバーグさん(70)を選んだ。永谷さんは国内外の米軍基地で演奏するなど米国発祥のカントリーを通じて日米の友好に尽力した。リンズバーグさんは地元の中学・高校で長年にわたり日本の美術史を教えた。

同賞は明治期の政治家・官僚で日米協会の初代会長を務めた金子堅太郎の名を冠し、協会の創立100年を記念して2017年に創設された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]