京急電車がトラックと衝突 1人死亡、33人負傷

2019/9/5 12:45 (2019/9/5 21:06更新)
保存
共有
印刷
その他

トラックと衝突し脱線した京浜急行の車両(5日、横浜市神奈川区)

トラックと衝突し脱線した京浜急行の車両(5日、横浜市神奈川区)

5日午前11時40分ごろ、横浜市神奈川区亀住町の京急線の踏切で快特電車(8両編成、乗客約500人)が大型トラック(13トン)に衝突し、1~3両目が脱線した。神奈川県警によると衝突後に炎上したトラックの運転手、本橋道雄さん(67)=千葉県成田市=が死亡、乗客ら33人が軽傷を負った。トラックは踏切内で立ち往生していたといい、県警などが当時の詳しい状況を調べている。

京急によると、現場は京急線の神奈川新町駅と仲木戸駅の間にある神奈川新町第1踏切で、トラックと衝突したのは青砥発三崎口行きの快特電車。この区間は最高速度が120キロで、当時電車は相当のスピードで走行していた可能性がある。

捜査関係者などによると、トラックは踏切脇にある道路を右折して進入した際、うまく曲がりきれず、踏切内で立ち往生していたという。トラックは千葉県香取市の運送会社に所属し、横浜市から千葉県成田市に果物などを運んでいる途中だったとみられる。

京急によると、現場の踏切の障害物検知装置が作動し、踏切内の異変を告げる信号機が点滅。約600メートル手前から目視で確認できる構造で、運転士は「信号機を確認してブレーキをかけた」と話しているという。

県警はトラック運転手について自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いを視野に事故の詳しい経緯を調べる方針だ。国の運輸安全委員会も鉄道事故調査官3人を現地に派遣した。

この事故の影響で京急線は京急川崎―上大岡間の上下線で運転を見合わせている。京急によると6日夕方の復旧を目指している。

京浜急行の電車とトラックが衝突した現場に集まる作業員ら(5日午後、横浜市神奈川区)

京浜急行の電車とトラックが衝突した現場に集まる作業員ら(5日午後、横浜市神奈川区)

京浜急行の車両がトラックと衝突した踏切付近で、散乱したものを片付ける神奈川県警の捜査員ら(5日午後、横浜市神奈川区)=共同

京浜急行の車両がトラックと衝突した踏切付近で、散乱したものを片付ける神奈川県警の捜査員ら(5日午後、横浜市神奈川区)=共同

京浜急行の電車とトラックが衝突し、黒煙が上がる事故現場(5日、横浜市神奈川区)=住民提供・共同

京浜急行の電車とトラックが衝突し、黒煙が上がる事故現場(5日、横浜市神奈川区)=住民提供・共同

京浜急行の神奈川新町―仲木戸間の踏切で、トラックと電車が衝突した事故現場(5日午後、横浜市神奈川区)=共同

京浜急行の神奈川新町―仲木戸間の踏切で、トラックと電車が衝突した事故現場(5日午後、横浜市神奈川区)=共同

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]