/

この記事は会員限定です

経済学、難民問題にも処方箋

スタンフォード大のロス教授 小島教授

Neo economy 識者に聞く(4)

[有料会員限定]

アルビン・ロス氏

――経済学の新分野であるマッチング理論は社会でどう応用されていますか。

「身近な例だと、米国の学校選択制度や恋人を探すためのデートアプリだ。いずれもお金を介さないマーケットだ。多くの人は良い学校に入学する権利をお金で買うという考え方を好まないし、恋人にも価格はない」

「腎臓移植のドナーと患者をマッチングする『腎臓交換』という新しいマーケットもできた。不適合ドナーがいる腎不全患者同士が、ドナーを交換...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン