/

この記事は会員限定です

トウモロコシ「前倒し輸入」に飼料業界困惑 乏しい米産需要

[有料会員限定]

8月下旬の日米首脳会談後の会見で言及された米国産飼料用トウモロコシの前倒し輸入を巡り、飼料業界が困惑している。国内のトウモロコシの害虫被害が理由とされているが、トウモロコシは輸入品と国産品で用途が違う。市場に不足感もなく、飼料メーカーなどから「前倒して購入する必要は当面ない」との声が上がる。

配合飼料に使うトウモロコシは炭水化物やタンパク質が多い「濃厚飼料」と、繊維質が多い「粗飼料」に分かれる。濃...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン