北海道地震1年 ブラックアウトの教訓、進む対策

北海道地震
2019/9/5 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道厚真町で震度7を観測し、土砂崩れなどで44人が死亡した北海道地震は6日、発生から1年を迎える。地震では道のほぼ全域で電気がストップする大規模停電(ブラックアウト)が発生、医療機関を含む都市機能が一時まひした。電動の医療機器を必要とする患者をはじめ、多くの住民が困難に直面した教訓を生かし、各地の医療機関や自治体で対策が進む。

8月上旬の大洗港(茨城県大洗町)、停泊した大型旅客フェリー「さんふ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]