/

香港、なお抗議活動続く 撤回表明も収束見通せず

【香港=共同】香港政府が「逃亡犯条例」改正案の撤回を表明した4日夜以降も、デモ隊は九竜地区の警察署周辺など複数箇所で抗議活動を続け、警官隊と対峙した。デモ隊は普通選挙の実現など「五大要求」が受け入れられるまで闘うとしており、混乱の収束は見通せない。

香港メディアによると、黒い服を着た100人超のデモ隊が警察署を包囲。「五大要求は一つも欠けてはいけない」とスローガンを叫びながら警官に向けレーザー光を照射したほか、車道をバリケードで封鎖した。

別の鉄道駅周辺でも、デモの際に駅を閉鎖したことに反発した約200人が抗議活動を行った。一部が駅の設備を破壊し、複数の拘束者が出た。

勢いづく民主派や若者らは、政府の撤回表明について「遅すぎるし(譲歩も)少なすぎる」と反発、抗議を継続すると表明した。

一方、親中派議員は「撤回は過激派に妥協したわけではない」と強調。暴力がエスカレートした場合、政府は戒厳令に近いとも指摘される「緊急状況規則条例」などの適用を検討すべきだと主張した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン