/

この記事は会員限定です

中国、香港に苦渋の小出し譲歩 習氏側近も火消しに

Nikkei Views 編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

「混乱する香港問題の解決期限は9月中旬の中秋の連休前だ。中国人にとって一番、大切な一家団らんの日までに決着させるらしい……」

8月下旬、北京発と称されるメッセージが様々な形で中華世界に広がった。中国河北省の海浜リゾートに習近平(シー・ジンピン)国家主席ら現役指導者と長老らが集ういわゆる「北戴河会議」が終わって10日ほどがたっていた。

渦中にいた香港の人々は、北京で新中国建国70年の記念式典と軍事パレード...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン