NY連銀総裁「不確実性、非常に高まる」 米中対立で

2019/9/4 23:39
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=後藤達也】ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は4日、米中対立の激化などを背景に「経済の見通しや不確実性は非常に高まってきた」と指摘した。9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の具体的な言及はなかったが、「政策対応と市場との対話が金融環境の緩和につながり、景気拡大の持続や物価上昇と雇用最大化の目標達成への支えとなる」と述べた。

ウィリアムズ氏はFOMCの副議長を務める。7月のFOM…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]