/

この記事は会員限定です

無形資産投資、米欧はGDP比10%超も 日本出遅れ

Neo economy

[有料会員限定]

データや知的財産などの無形資産は先進国を中心に経済での比重が高まってきた。米国やスウェーデンなどの欧州諸国はすでに国内総生産(GDP)比で10%を超え、機械や設備など物的資本への投資額を上回る。日本も研究開発(R&D)などを積み増してきたが、組織に蓄えられたノウハウで見劣りしている。

無形資産は経済の生産性を高めるうえで労働、物的資本に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン