/

人工衛星あわや衝突 宇宙が混雑、回避策を

【ワシントン=共同】欧州宇宙機関(ESA)は3日、ESAの地球観測衛星が米企業スペースXの通信衛星と衝突する恐れが生じたため、高度を変えて緊急回避させたと発表した。

スペースXの衛星は1万2千基で地球全域をカバーする計画の第1弾として5月に打ち上げた60基のうちの一つ。他企業も衛星群による宇宙ビジネスを構想しており、宇宙が混雑して人の操作による回避が追いつかなくなる恐れがある。ESAは「人工知能(AI)技術などを使って自動で回避させる新たな仕組みが必要だ」としている。

ESAは8月下旬、9月2日に衝突する可能性を把握。連絡を受けたスペースXは衝突の確率が低いとして対応しなかった。その後、衝突確率はESAの基準を超える千分の1まで上昇。ESAは2日、地上からの指令で衛星のエンジンを噴射して高度を上げ、衝突を回避させた。

スペースXは「社内システムの問題で確率が高まったのを担当者が把握できなかった。調査し改善する」としている。

スペースXの衛星群は「スターリンク」と呼ばれ、高速インターネット通信を提供する目的。国際天文学連合(IAU)は6月、衛星の反射光などが天文観測を妨げると懸念する声明を発表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン