魚保存用氷「スラリーアイス」短時間で連続製造
コア電子・高知工科大が装置

大学
2019/9/5 6:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高知工科大学と電解水生成装置開発のコア電子(高知県南国市)は、鮮魚保存などに使うスラリーアイスを連続製造できる装置を開発した。2020年4月から全国販売する。従来装置は一度に大量生産しているが出来上がるまで時間がかかっている。新装置は必要な時に必要な量だけ製造する。機動性を売りに小売店や飲食店に売り込む。

同大学ものづくり先端技術研究室長の松本泰典准教授らは1999年からスラリーアイスの製造を研…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]