小倉駅直結の複合高層ビル竣工、周辺再開発に弾みも

2019/9/4 19:29
保存
共有
印刷
その他

北九州市のJR小倉駅に直結する24階建ての複合高層ビル「ガーデンシティ小倉」が4日、竣工式を開いた。日本郵便や積水ハウスなどで構成する再開発組合が総事業費138億円を投じて中央郵便局跡地などを整備。竹中工務店の施工で上層階にマンション、低層階に金融機関のオフィスやカフェ、交番などを集めた。

北九州市街地の再開発の呼び水となる可能性も(竣工したガーデンシティ小倉)

377台の駐車場棟を備え、近隣のスタジアム集客や福岡市への新幹線利用も促進する。同駅直結のマンション複合施設は初めて。ビル内を通り抜ける歩行者通路を1~2階に設け、中心街の回遊にも配慮した。

小倉駅前では百貨店の井筒屋が運営していた商業施設「コレット」撤退など課題がある一方、今回のマンションが早期完売したことで周辺の再開発に弾みがつく可能性も出ている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]