長野県内、自動車の事故防止装置 販売急増

2019/9/4 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県内で自動車事故を防ぐ安全対策装置への関心が高まっている。県内企業が急発進を防ぐ警報器を開発して販売を始めたほか、トヨタ自動車の販売会社では踏み間違いによる加速を抑える装置の販売が急増している。自治体は高齢者を対象に、安全対策機能への補助金を導入している。高齢者による重大事故が起きるなか、安全対策装置が注目されている。

自動車関連製品を手掛けるピボット(長野県松本市)は2日、アクセルの踏み間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]