[社説]風疹感染の拡大防止が急務だ

2019/9/4 19:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内の風疹の流行が止まらない。2018年から増え続け、米疾病対策センターは感染歴のない妊婦らの日本への渡航自粛を呼びかけている。20年の東京五輪までに終息しない懸念もあり、予防接種による拡大防止が急務だ。

風疹は13年の大流行後下火だったが、18年に患者が増え始めた。19年初めから8月25日までの累計患者数は2134人。95%は成人で男性は女性の約4倍だ。職場で感染したとみられる例が多い。

症状…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]