/

韓国、日本車登録8月57%減 不買運動影響か

【ソウル=島谷英明】韓国輸入自動車協会が4日発表した8月の新規登録実績によると、日本ブランドの乗用車が約1400台と前年同月比57%減った。減少率は7月の17%から拡大した。聯合ニュースは「日本製品の不買運動の影響が本格的に表れているようだ」と指摘している。

8月は5つの日本ブランドのうちトヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」が8%伸びたものの、「トヨタ」や「ホンダ」など4ブランドは5割以上落ち込んだ。輸入乗用車全体では6%減り、日本車のシェアは8%と前年同月の半分以下に低下した。

韓国では日本の一連の輸出管理厳格化に反発し、7月初旬ごろから日本製品の不買運動が広がった。ビールなどの売れ行き不振が目立つが、反日感情の悪化は他の製品にも広く影を落としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン