「国民民主は基本政策維持を」電力総連会長 会派合流で

2019/9/4 18:30
保存
共有
印刷
その他

電力総連の岸本薫会長は4日、静岡県内で開いた定期大会で、国民民主党に立憲民主党との会派合流協議にあたり基本政策の維持を求めた。「基本理念と基本政策が担保され、主体性と存在感が維持されなければならない」と述べた。電力総連は国民民主の支持団体で、立民が提出している法施行後5年以内に廃炉決定する原発ゼロ法案に賛同していない。

大会に出席した国民民主の玉木雄一郎代表は「皆さんの声も反映して物事を進めたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]