サムスン、韓国産フッ化水素を量産ライン試験投入

2019/9/4 20:00
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国サムスン電子が半導体の量産ラインで韓国産フッ化水素を使い始めたことが4日明らかになった。日本政府が半導体材料3品目の輸出管理を強化した7月以降、同社は日本製以外の代替品のテストを重ねてきた。一部の量産ラインで使ってみて、問題がないかを確かめる狙いとみられる。

サムスン電子の関係者は4日、「供給先を多角化する一環で、一部ラインで日本製以外のテストを進めている」と認めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]