/

この記事は会員限定です

IT業界3つの時代遅れ ユーザー企業の怒り爆発寸前

[有料会員限定]
日経コンピュータ
IT(情報技術)製品とサービスを提供する「ITベンダー」への評価を、製品・サービスを利用する「ユーザー企業」の意思決定者に聞く日経コンピュータ恒例の顧客満足度調査。24回目の今回は、14部門で首位が代わる波乱の結果となった。ユーザーは品質、コスト、ニーズの3点で時代遅れのベンダーに対し不満を強めている。事業構造や収益モデルを転換したベンダーだけが競争を勝ち抜ける。ユーザーの「怒り」を解き明かし、製品・サービス改革の方策を探る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン