/

この記事は会員限定です

改憲は政調会長を前面に 自民、岸田氏続投が有力

[有料会員限定]

安倍晋三首相が11日に実施する内閣改造・自民党役員人事で、岸田文雄政調会長の続投が有力となった。政権内には政策調整の責任者である政調会長を中心に、幹事長と総務会長を含めた党三役が改憲の前面に出るべきだとの構想がある。改憲案づくりには党内の集約に加え、与野党間での擦り合わせが欠かせず、憲法改正の議論進展に向けた布陣とする。

岸田氏は2012年12月の第2次安倍政権発足時から外相を務め、17年8月の内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン