関西百貨店、おせち商戦開始 ガンダムも登場

2019/9/4 16:31
保存
共有
印刷
その他

高島屋は人気アニメ「機動戦士ガンダム」をあしらったおせちを販売する

高島屋は人気アニメ「機動戦士ガンダム」をあしらったおせちを販売する

関西の百貨店各社は9月中旬から「おせち」の予約販売を順次始める。高島屋は人気アニメ「機動戦士ガンダム」をあしらったおせちを用意した。近鉄百貨店は顧客の要望に応じた「カスタマイズおせち」を売り出す。おせちは食品とみなされ軽減税率の対象になる。外食ではなく家でお正月を楽しむ人も多いとみて、各社は品数を増やして需要を取り込む。

高島屋は25日から予約を受け付ける。関西では昨年と比べ20種類多い540種類を扱う。ガンダムのおせちは2万9160円で、特製の重箱にキャラクターを模した食材を盛り込む。放映40周年のガンダムは各世代に知られており、家族全員で楽しめると見込む。高島屋全体の売上高で、昨年比3%増を目指す。

近鉄百貨店は18日から予約に応じる。昨年に比べ20種類多い420種類を準備した。数量限定のカスタマイズおせちの価格は5万5001円から。日本料理店のかが万(大阪市)が顧客の要望に応じ、1点モノに作り上げる。売上高は4%増を計画する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]