新潟の不動産プロデュース、空き家をシェアハウスに

2019/9/4 19:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

不動産コンサルタントの不動産プロデュース(新潟市)が空き家などを活用したシェアハウスに力を入れている。築34年の空き家を改修し、第1弾として運営を始めたシェアハウスは現在満室の人気物件だ。マンションや一軒家の空き部屋を活用する提案も始めた。新潟県内の空き家率が過去最高となるなか、立地などを見極めて、シェアハウスへの積極活用を促す。

新潟市東区の東中野山地区に、築34年の空き家を6LDKに改修した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]