壇ノ浦や巌流島をVRでリアルに再現、下関市が米社と連携

2019/9/5 12:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山口県下関市は、世界各地の観光用VR(仮想現実)コンテンツ制作を手掛けている米タイムルーパーと連携し、主に外国人観光客を対象にした「下関歴史VR探索マップ」を制作する。壇ノ浦の合戦や巌流島の決闘などを再現したVRを体験し、下関の歴史への関心を深めてもらうことで、市内各所への回遊や消費の拡大を狙う。

制作するVRのコンテンツは、源平の壇ノ浦の合戦、宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島での決闘、幕末の長州…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]