カニ殻成分が発毛促す 鳥取大発の企業が新製品

2019/9/4 16:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鳥取大学発スタートアップのマリンナノファイバー(鳥取市)は、カニ殻から生成できる繊維物質を配合した頭皮ローションや化粧品を開発した。同大学の動物実験では、この繊維物質に市販の発毛剤の配合成分「ミノキシジル」よりも高い発毛効果を確認。CMなど映像制作を手掛けるAOI Pro.が立ち上げた地域振興チームの支援事業の第1弾として、一連の製品デザインなどブランド化を展開する。

一連の新製品はKANIDA…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]