/

「エアトリ」起業、大阪星光で聞いた神父の言葉が支え

吉村英毅・エボラブルアジア社長(上)

吉村英毅・エボラブルアジア社長

航空券や旅行商品をインターネットで販売する「エアトリ」などを運営するエボラブルアジアは、2007年に当時まだ25歳だった吉村英毅社長(37)が創業した。吉村さんは、大阪府にあるカトリックの男子進学校、大阪星光学院中学校・高校に在学中にビル・ゲイツにあこがれ、将来は起業すると心に決めていた。当時は起業の志を周囲に話すことはなく胸に秘めたままだったが、在学中に毎日聞いた神父の説教は、起業後の苦しい時期を支える言葉となったという。

(下)校則違反繰り返しても全否定せず 大阪星光の懐の深さ >>

きっかけはビル・ゲイツのウィンドウズ95だった。

「東大に入って、東大在学中に起業する」。大阪星光学院中学の2年生ごろ、僕はひそかに決心しました。

私が中学に入学したのは阪神大震災の直後の1995年4月。その年、米国ではビル・ゲイツのマイクロソフトがウィンドウズ95を発表し、一大旋風を起こしました。ビル・ゲイツはハーバード大学在学中にマイクロソフトを設立したことを知り、がぜん起業に興味が出ました。自分も大学在学中に起業しよう。彼はハーバードだったから、自分は東大だ。そう決めました。

起業家を志したのは、社会に影響力のある人間になりたいと思っていたからです。私は子どもの頃から本を読むのが大好きで、中学に入った頃には、世界の偉人の伝記のほか、山岡荘八の徳川家康とか織田信長などの本をよく読んでいました。歴史上の偉人たちのように、自分も社会に影響力のある人間になりたいと思っていた頃に、ビル・ゲイツが出てきたわけです。影響力をもつ方法は政治家とかいろいろあると思うんですけど、会社を興して大きくしていくのも、その1つの方法で、非常に魅力的なのではないかと思いました。

ビジネスに関心をもつようになったのは、実家が会社を経営していたことも関係しているかもしれません。父は130年以上続く食品メーカーで3代目の社長です。私は長男で、会社を継ぐのは私というのが既定路線。小さい頃は同居していた祖母の部屋に毎週呼ばれ、「あなたが会社を継ぐんですよ」と言い聞かされて育ちました。

実家で会社の人を集めたパーティーを開くときなどにも出席し、仕事をする人たちを子どもの頃から見ていました。また、中学生になったころには、会社の事業計画発表会という経営会議にも同席させられるようになりました。私だけ子どもなのだけれど、一緒に座って、ひたすら経営の話を聞くのです。何度か出席するうちに、会議で話している内容もだんだんと理解できるようになる。ビジネスは魅力的だなと思うようになっていました。

小学校では話の合う友達がみつからなかった。

「朝の校内放送で、根本的な倫理観の大切さが少しずつ自分の身の中に入っていった」と話す

通っていた近所の小学校では、山岡荘八の本の話をしようにも、そんな本を読んでいる同級生はいません。学校のテストも毎回5分くらいで終わってしまって、私だけがいつも100点。なかなか気の合う友達はいなかったのです。そんなこともあって、自然と中学は私立を受験しようということになりました。

受験に関しては、母に感謝しかありません。私は3人姉弟で、姉とは2歳しか離れていません。3人ともピアノ、水泳、体操、知育教室、受験塾など、それぞれにかなりの数の習い事をしていましたから、母は車で3人をあちこちに連れて行き、帰りもそれぞれ迎えに行っていました。さらに、私が受験のころは、午後11時すぎに自宅に戻ってから午前2時ごろまで勉強していましたが、寝ずに待ってつきあってくれていました。これが3人分ですからね。とにかく献身的な母でした。

受験を経て大阪星光学院に入り、初めて「この人たちは面白いな」という友達に出会えました。将来の夢とか目標について話せたり、好きな本の話ができたりする、魅力的な友達がたくさんいた。楽しいなあと思いました。

先生方も魅力的でした。歴史の麻野博司先生は歴史を事実の羅列ではなく、流れの中で縦横無尽に話せる先生で毎回面白くてたまらなかった。学年主任で数学の先生だった宮本浩司先生の、規律を守る姿勢も印象に残っています。

星光学院で特に印象に残っているのは、神父の話だった。

大阪星光学院はイタリアの修道会であるサレジオ会が1950年に設立したカトリックの男子校です。ですから、学校には神父様が何人もいらして、毎朝神父様のお話が校内放送で流れる時間があったのです。

中学高校の男子ばかりですから、そんな話は馬耳東風になりそうなものですが、そんなことはなかった。神父様の話は聖書の話を直接的にすることはほとんどありませんでした。一般的な日常生活の中での話を取り上げて、人としての倫理観について話されていた。その一つ一つが非常に工夫されていて、面白いのです。しかも、それを毎日聞いていると、根本的な倫理観の大切さが少しずつ自分の身の中に入っていったようでした。

神父様で英語の先生でもあった並木豊勝神父も、人として何が良くて何がダメかという話を繰り返しなさっていました。ありきたりに聞こえるかもしれませんが、ウソをついたらダメだし意味がない。取り繕ったりすべきではない。そんなお話をいつも聞いていました。

起業の夢は語らなかった。

起業したいと思うようになっていたのに、そのことを周囲に話すことは一切ありませんでした。なぜでしょうね。父や祖母は私が父の会社を継ぐと思っていたし、学校でもそんな話をした記憶はないのです。そもそも、私が大学に在学中のころでも、起業は今ほど身近な選択肢ではありませんでした。

大学を卒業するときにはすでに起業していて、社員が10人ほどいました。正直にいうと、実は少し就活をしてみたことはあります。このままサラリーマンにならずに社会に出るのではなく、一度は会社勤めを経験して人間関係を作ってみようかなと思いまして。5、6社に応募しましたが、見事に全部落ちました。面接にいく手前で落ちた会社もありました。

大阪星光学院に在学中は起業のことは一切話しませんでしたが、その後、起業してからの苦しい時期に私を支えてくれたのも、在学中に神父様や先生たちから日々聞いていた言葉でした。

(藤原仁美)

(下)校則違反繰り返しても全否定せず 大阪星光の懐の深さ >>

「リーダーの母校」記事一覧

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン