キッコーマン飲料、パンに添えるスープ 手軽に野菜摂取

2019/9/4 15:53
保存
共有
印刷
その他

キッコーマン飲料(東京・港)はパンと一緒に楽しむスープシリーズから「ミネストローネ風」と「海老のビスク」を10月15日に発売する。トマトや野菜のジュースで培った知見をスープづくりにも生かした。容器のまま電子レンジで温められる。ランチなどパンで済ます食事に添えて、簡単に野菜が摂れるようにした。30~40代の女性層を中心に需要を見込む。

キッコーマン飲料(東京・港)は10月15日に「デルモンテPANTO(パント)ミネストローネ風」(左)と「デルモンテPANTO(パント)海老のビスク」(右)を発売する

商品名は「デルモンテ PANTO(パント) ミネストローネ風」と「デルモンテ PANTO(パント)海老のビスク」。内容量は160グラム。ミネストローネ風は完熟トマトをベースに玉ねぎやニンジン、ニンニクをソテーして仕上げた。サワークリームで酸味も加えた。1本に2個分のトマトを採用する。海老のビスクはエビのうま味に完熟トマトやニンジンなど11種類の野菜を合わせたクリームベースのスープ。1本で1食分の野菜を使用した。

容器には紙製の「カートカン」を採用した。パンにあわせて購入できるようベーカリーショップや量販店などで販売する。希望小売価格は税別150円。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]