/

この記事は会員限定です

ディップ、AI事業の営業益150億円 24年2月期

[有料会員限定]

求人サイト運営のディップは人工知能(AI)部門の営業利益で2024年2月期に150億円程度をめざす。同事業は人材派遣会社向けに採用に関わる応募や面談の設定業務を自動化するサービスで、今期から始めた。売上高は450億円を見込む。「バイトル」など求人サイト事業に偏った収益構造から脱却する。

ディップは今年4月に「AI・RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)事業」を立ち上げた。人材派遣会社は応募者の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン