仙台に東北最大の分譲マンション、三井不レジ

2019/9/4 15:24
保存
共有
印刷
その他

三井不動産レジデンシャルは4日、仙台市内で再開発が進む長町地区の分譲マンション「パークタワーあすと長町」を報道陣に公開した。総戸数は468戸で、1973年以降に東北6県で新築分譲されたマンションとしては最多となる。

総戸数468戸は東北最大となる(4日、仙台市)

地上28階建てで、延べ床面積は4万9997平方メートルにのぼる。10月下旬から入居が始まるが、現在までに販売している362戸中、330戸が成約済みで、想定よりも堅調に伸びているという。

JR長町駅から徒歩2分と好立地で、上階からは仙台市内の街並みが一望できる。遊具を備えたキッズルームやゲストルームに加え、月に一度子どもや大人向けに英会話教室も開く。

約67平方メートルの部屋で3340万円から販売している。担当者は「入居者は30~40代の家族層が多い」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]